TEL:03-5471-4622

〒140-0013 東京都品川区南大井6-26-2
大森ベルポートB館1F

品川区 大森ベルポート 歯科 歯周病 予防歯科 服部デンタルクリニック

入れ歯・ブリッジ

  • 歯周病
  • 予防歯科
  • インプラント
  • 入れ歯・ブリッジ
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科

staff blog

HOME»  入れ歯・ブリッジ

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

何らかの理由で歯を失ってしまった後も、入れ歯を作り使うことで再び噛むことができますが、保険診療で作成できる入れ歯は素材や作成に制限があります。

その点、自費で作成する入れ歯は素材や作成の幅があり、患者さんに合わせた選択が可能なため丈夫で違和感のない入れ歯が作成できます。

保険の入れ歯

メリット
  • 費用が安い
  • 破損時の修理が容易
デメリット
  • 壊れやすい(素材がプラスチックのため)
  • 汚れやすく、匂いがついたり変色しやすい
  • 壊れないよう厚く作るため、口の中で違和感を感じやすい

金属の入れ歯(自費)

メリット
  • 壊れにくい
  • 異物感が比較的少ない
  • 金属部分は汚れにくい
デメリット
  • 費用が高い

ばねのない入れ歯(自費)

メリット
  • 見た目に入れ歯とわかりにくい
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの方にも安心
デメリット
  • 保険に比べ費用が高め・歯がすべてない方は使用できません

ブリッジとは?

抜けた歯がまだ1~2本くらいで、その前後に健全な歯がある場合は、その歯を利用して橋を渡すようにダミーの歯を作って噛めるようにするのがブリッジです。

メリットとしては、例えば奥歯に白い歯で入れたいなどの特別な要望以外は保険が適用できるため、費用が安く済むことと、割とスピーディに形成できることです。

逆にデメリットとしては、ブリッジをするためには抜いた歯の前後の歯を支えにしてかぶせて固定するため、前後の歯を削らなければならなくなります。前後の歯が健全な場合でも削る必要が出てくるということです。

当然削った部分は元には戻りませんから、リスクと言えばそうなのですが、そのリスクよりもメリットが大きいと判断された場合に行う方法です。